口腔外科で始めよう!インプラント施術|歯茎にJustfit

診察室

歯周病に関すること

治療

日本において歯周病患者は年々増えつつあると言われています。その理由は幾つか考えられます。海外に比べて日本は、デンタルケアやオーラルケアへの意識が低いというのも理由の一つです。例えばアメリカは、しっかり口内をケアしていてキレイな状態じゃないと就職などに影響があるとも言われています。話を戻しますが歯周病になってしまうと、歯茎や歯槽骨に対して良くない影響を及ぼします。良くない影響の具体例を挙げると、歯槽骨が歯周病菌によって溶かされてボロボロになります。そして、歯周病菌が歯茎に入り込んで歯茎に炎症を発生させてしまうのです。歯周病によって歯槽骨や歯茎にダメージが蓄積してしまうと、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう可能性もあるのです。

歯周病は、進行すればするほど京都などの歯医者で治療するのが難しくなります。さらに、歯周病によって破壊された歯茎や歯槽骨は完全に元の状態に戻すのが不可能です。つまり歯周病は、進行する前に京都などの歯医者で治療してもらうのが大切なのです。初期の歯周病の段階で京都などの歯医者で治療してもらうことによって、歯周病の影響を食い止めることが可能なのです。しかし、歯周病は中々気づきにくい病気だとも言われています。何故中々気づきにくいのかには理由があります。理由は、歯周病は自覚症状に乏しいからなのです。自覚症状に乏しいので発見が遅れやすいです。初期の段階で発見する為には、京都などの歯医者で定期的に検診してもらうと良いでしょう。